イベントへ出店する際、商品の準備はもちろんですが、テントも大切な販促ツールです。イベント出店といっても1度きりではなく、今後もいろんなイベントに出店を予定されているでしょう。今後継続的にイベント出店される皆さんに今日はイベントで使用するテントはレンタルするか購入するかどちらがいいかを比較してご紹介したいと思います。

イベント出店用のテントは実はレンタルもできます。しかし、当店ではイベント用のテントの販売数は伸びてきています。ではお客様はテントをレンタルするのか購入するのか?と考えたときどうして購入することを選ばれたのでしょうか。今日はテントをレンタルするか購入するかをいろんな観点で比較してみましょう。

<使い勝手>で比較

レンタルの場合まずレンタル業者を探します。
自分に必要なサイズのテントを取り扱っているか?・・・
レンタルではテントのサイズは重要です。そもそもレンタルテントは多数在庫しておかなくてはいけない為サイズが絞られています。そのためイベントのブースに合うサイズのいテントを取り扱っている業者を探さなくてはいけません。さらにイベントがよく行われる連休や週末に在庫が残っているか?も事前に確認しなくてはいけません。

★テントをレンタルするときの注意点(A社の場合)
①イベントの前日または前々日にサイズの合うテントの在庫があるか調べます。
※イベントが多い時期はキャンセル待ちになる場合もあるようです。先着順になるので急遽テントが必要になった!というときは時期によってはレンタルできない場合も…
②レンタル対応の地域が限定されている業者もある為、配達が可能かを確認します。
※自社の配送スタッフがレンタル商品の配達を行っている業者も少なくありません。というのもテントは梱包サイズや重量があるため配送料が高くなります。またレンタルの場合は貸出と返却の往復分の送料がかかる為、配送先エリアを絞っているのです。
③土日や夏季・冬季休暇がある業者ではイベント直前の申し込みでは営業自体していない場合があるので、営業日やレンタルする日程をよく確認する必要があります。
④テントを返却する際、天幕が雨などで濡れているときは梱包したときに箱が濡れない程度に水分をふき取ってから返却します。
⑤返却の運送業者への集荷依頼はお客様でします。最終集荷時間が決まっているので(A社の場合18:30)それまでに集荷ができなかった場合は延滞料金が発生します。
※土日祭日は集荷時間の最終受付時間が早い場合があります。また集荷の予約は当日ではなく前日の17時までにしなくては受け付けてもらえない為、手配するときは注意が必要です。

レンタルすると・・・
<メリット>
・在庫があれば15時までの注文で当日出荷が可能(到着日のレンタル料は発生しません)
・イベント中止などでレンタル中に1度もテントを使用しなかった場合、365日以内の再レンタルは送料のみで対応してもらえる保証付きで安心
・お掃除やお手入れは不要
※雨などで濡れた場合だけは軽くふき取りが必要です。
・保管場所は必要ない

<デメリット>
・繁忙期は在庫が少なくなるので依頼の時期やいつから予約し在庫を確保できるか事前に調べておくことが必要
・返却の集荷時間が決まっている為、イベントのスケジュールと合わない場合もある
※イベント後1日分余分に料金が必要になる可能性もあります。
・テント自体を販促ツールとして使用できない・オリジナリティを出せない
※当店でテントを購入していただくと天幕のカラーを選んでいただけたり、文字やロゴなどを天幕へお入れすることができます。
(テントのカラーは商品によって異なりますので商品ページでご確認下さい。)

 

 

このようにテントの利用状況によってレンタルが使い勝手が良い場合もあります。例えば1回だけ試しにイベントに出店する場合、購入するより安くテントが使えます。またイベントが終わってからも収納場所に困らないですし、テントのお手入れなども必要ないので便利です。しかし、イベントに何回も出店する場合やイベントの開催期間が長かったり、他のブースと差をつけたい。テントを使ってお店や商品をPRしたい場合はレンタルよりオリジナルのテントを購入した方が効果的といえます。
先程ご紹介した通り当店でイベントテントを購入されたお客様のほとんどはお店のロゴや文字入れも一緒にご依頼されています。このことからもイベント会場でテントを販促ツールとして捉えているお客様が多いと言えるのではないでしょうか?

 

<価格>で比較

テントを購入するかレンタルするか?料金も大きな比較材料です。
イベントテントはレンタルテントを利用される場合も多く、イベントの主催者がレンタルテントを扱っている場合もあります。
では実際にテントはレンタルか購入かどちらがお得なのでしょうか?

まずレンタルでは長期期間のレンタルの場合、お得な価格設定になっています。
その為、グルメイベントなど各地へ移動しながら行うような長期間イベントに参加する場合などは短期間の利用よりもお得に借りられます。
★購入価格とレンタル料を比較すると1日のレンタルを大体5回以上利用する予定がある場合は購入した方がお安くなる可能性があります。
(テントの種類やサイズによって変わりますが…)
レンタルする期間によっては料金が高くなってしまう可能性があり、購入した場合と変わらないこともあるということです。
また、使用頻度が高い場合は料金と合わないことがあります。年に数回イベントに出店するなら購入したほうが断然お得です!
そして、レンタルした場合はレンタルを開始する最低4日前よりキャンセル料が発生する事を覚えておきましょう。
(業者によりますがキャンセル料はレンタル代の25%程度です。お得に利用するはずがイベントの中止とテントのキャンセル料で赤字。ということも…)

 

そして、勝負の軍配は・・・?

レンタルと購入のこれまでの比較から

短期・単発または購入テントのお試しとして⇒レンタル

 

長期間の使用・決まったイベントへ毎年出店する
色々なイベントへ何度も出店する⇒
購入

という見解になりました。
イベント会場でのテントの役割は単に日よけや雨除けだけではありません。お祭りの屋台を思い浮かべて下さい。会場にはいろんな屋根の色の屋台が並んでいます。テントの屋根には大きな「たこ焼き」や「わたがし」の文字が入っていて遠くからでも「あ!あそこに〇〇屋さんがある!」と見つけることが出来ますよね?このように広いイベント会場でテントをうまく利用すれば看板の役割も果たします。周りのブースがレンタルのテントを使っていれば、文字入り、ロゴ入りのテントを使ったブースはオリジナリティがあり一際目立ちますし、他のお店と差をつけることができます。またロゴマークや商品名を入れればお客様に広く知ってもらうことも出来ます。
イベントでは実店舗とは違い周りの店舗も同じようなテントを使用するので差別化するのが難しいです。そんなイベントテントだからこそ宣伝・広告効果の高いテントを利用してみてはいかがでしょうか!

 

レンタルか?購入か?こちらの記事もオススメ

 

イベントテント

 

お得な会員登録 今すぐ使える500ポイント    風対策用品 

LINE公式アカウント